読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rx_yziiwの日記

大野くんのこと

【ランダムに思い出のARASHI DISCOVERY】2017年1月19日 TRUE WEST演出家アリ・エデルソン(チョコミント)

おはようございます。嵐の大野智です。

今日の一言カモンッ!

『ある真実を教える事よりも、いつも真実を見出すにはどうしなければならないのかを教える事が問題なのだ』

これは18世紀の哲学者ジャン=ジャック・ルソーさんの言葉です。

例えば、子供や部下に質問されて直ぐ答えを導き出すのは簡単だけども、答えを導き出すための課程を考えるようにさせた方が、その人の考える力が養われるというものです。でも、その伝え方が、難しい。

 

いやぁ、まぁ、確かになぁ。ボクはどうだろね。でもね、どっちがいいんだろ。ボクは1回訊きたい。まず。1回、これはこうなる、って知った上で、じゃあ本当にそうなるのかと。実践じゃないけどね。体験、したい…体感したい。

でもね、なんかね、面白いのがね、昔ね、あのー、よく外国の演出家の方とかって「これ、どう、思う?」ってよく、よく質問された。でぇー、日本人特有の「わかりません」って。「わからない」っつって。そしたら、そこでも、外国の演出家の方は「いや、何でもいいから言ってみて」って。でも、それを聞きたいんだよ多分。

で、言うじゃん。別にそれに対して不正解とは言わない。「あーなるほどそういう考え方もあるのね、でもこれってのはこういう事でこういう事でもあるんだよ」それを聞いた上でね、色んな解釈をしてくれた事はありますね。

うん…だからまぁ一回その人の意見を聞きたいんだろうね。僕なんでもかんでも分かりませんって言ったから。へへ(笑)わかんないからっつって(笑)うん。

一回ねー腹立ってねー、すんごい聞いてくっから(笑)一回腹が立ってね。なんだっけな。じゃあこのオースティンって役はこのあと家に帰って何をしたと思う?って言われて。もうそんな質問ばっかだったわけよ。もう、こっちもさ。今だから言うよ。イライラして来るわけ。何回聞かせんだって。

「わかりません」「うん何か言ってみて」って言った瞬間、もうっ、もう、喉のここまで来た!一回言ってやろうと思った、うん、家で寿司でも食ってんじゃないですかぁ?って。んははははは(笑)外人だから寿司なんか食わねーだろっていう所をね(笑)家帰って握りでも食べたんじゃないですか!?って一回ね、喉の方のここまで来た。若いから許して、あの時、24歳だから。言わなくて良かったけどね、えーそういう時ありました。えぇ。

でも言ったよ俺言った。でも言った。俺ね、演出家がね、日本離れる時、食事会したんだ、みんなでスタッフさん交えてね。「オースティンは、はい、アイスに例えたら、何ですか?何だと思う?」って。「わかりません」「いや何か言って」で、言おうと思ったら「バニラだよね」って言われたの。で、何だよ、俺の中ではチョコミントだったよ!と思いながら。あはははは(笑)

それをね、食事会の時にね、思いっきり言ってやりましたよ。そしたら笑ってましたよ。えー(笑)へへへへ(笑)

でも面白かったけどね。タメになったこと山程ありますしね。だからそういうー、何でもいいから言うのも大事だなと思いましたよ。そうそう、要はその事について考えて欲しいって事だからね。うん、試行錯誤も面白いしね。うん、まぁ何でも、試すのはいいと思いますよ。えー、若い時はぁ(笑)何でもやれっ!

以上、大野智でしたっ。

 

 

栗原さん「はい、大野くんでした。途中から、かなり、ドライブがかかって大野くん今日饒舌でしたよね。言葉数多かったですもんね。これ、あれじゃないですか?今日もあの、ホテルの部屋まで押し掛けて、録音した、回じゃないですか?リラックスして、逆によく動いたっていう。…正解!?あははははは(笑)」